50%の的中率・・・

競馬ファンのみなさん、こんにちは、こんばんは!

さて、競馬予想の的中率。みなさんも指標にしていると思います。簡単に言えば、1日に2レース予想すれば1つは当たることになります。実際の感覚は?これが意外と当たっていないように感じることに気付きますせんか?統計上回数を重ねれば、50%に近づくロジックですが、過去こうだったという予想結果は未来を保証するものではありません。しかし実績はその予想ロジックの正しさでもあります。

実感の少なさは1日2レースしか参加しないことが原因です。例えば野球選手は3回に1回のヒットで首位打者争いに加わります。その評価も1日1本打っているというものになり、マスコミ上では、毎試合打っている感覚の情報になるんですね。

競馬の場合、50%の的中率でも10連敗はたまに起こります。しかし不思議と連勝は長く続かないですね。1日2レースの連敗が3日も続けば、4日目から参戦にためらうようになります。

これは50%、2回に1回当たるという思い込みから生まれてしまうガッカリ感なのです。

つまり50%だから、2回に1回当たるんだからという考えから資金管理があまくなり、当たってるんだけど資金が増えないということになってませんか?

このように頭では分かっていることが実践しにくいことがギャンブルの本質ではないでしょうか?

振り返り、きちっと資金管理をし、決めたレース全てにに参加していればトータルプラスになっていることがありませんか?

競馬予想の的中率50%の本質をつかむことがワンランク上の馬券ライフのステージにたつこができるでしょう。